design dtp & development grand-basic
script - automatic processing
画像

script による自動処理(自動組版、自動流し込み)


Adobe Illustrator で自動処理を行います。
データベースより値を取得し、自動で状況を判断してAiファイルへ処理を行います。
手帳やカレンダーなどの日玉ページ、カタログなどのページを迅速に正確に作成します。
dtp向けのアプリケーションで、各scriptに対応していれば開発可能です。
手作業と違いヒューマンエラーが起きない上に迅速に作成できるのですが、
習得のハードルが高いのであまり普及はしていないようです。
習得するにはdtpの知識に加えて、dtpに特化したscriptの知識も必要なのですが
それに対応する専門書も昔と違い現在はほぼ無く、マメにwebで検索しながら自分なりに
大量の知識を構築していくしかありません。
さらにどのように組み立てれば良いかというのも自分で考えるしかありません。
ところが現在dtpに求められるのは、「正確にコストを抑えて少しでも早く」です。
実際に一文字間違えば大惨事になってしまう手帳のメーカー様の中には、
自動処理で無ければ仕事を依頼出来ないというお客様も少なくありません。
こちらでは日玉を中心に grand-basic での自動処理をご紹介します。
私の拙い文章では上手く伝わらないと思いますので動画も用意しております。
おそらくそれらを見ていただければ何をしているか分かりやすいと思います。
少しでも参考になれば嬉しく思います。

<grand-basic での作成手順>

□日玉データの作成と運用
 scriptにより作成し、webサーバーに置いてあります。
 これを全てのscriptで参照する事により間違いを無くしています。

□ひな形データの作成
 Aiにてひな形のデータを作成します。
 scriptにて自動処理出来るように、さらに自動処理で出来上がったデータに対しても
 自動で修正しやすいように工夫しながら作成します。

□実行scriptの作成
 grand-basic では apple script でscriptを作成しています。
 apple script では実行出来ない命令やインターフェイスには java script を使用します。
 webサーバーからの値の取得やファイル処理などは shell script を使用します。

□phpの作成
 script から値を取得する際にはセキュリティの為、php を通して値を取得しています。
 また各scriptはIDで管理しており、使用状況の確認や使用の制限も php にて行います。



自動処理動画


<Ai 自動処理>カレンダーA
<Ai 自動処理>カレンダーB